APPARELWEB INNOVATION LAB.APPARELWEB INNOVATION FESTIVAL

アパレルウェブ
イノベーション・フェスティバル

APPARELWEB
INNOVATION FESTIVAL

APPARELWEB INNOVATION FESTIVAL VOL.16
『DXに向かう為の組織づくり』

 「アパレルウェブ・イノベーション・フェスティバル(以下AIF)」はFASHION×MARKETING×TECHNOLOGYを軸に、各領域のキーマンを招いて開催するファッション業界に特化したセミナーイベントです。

 第16回のテーマは、『DXに向かう為の組織づくり』。昨年はDXという言葉が多くの企業に浸透していきました。しかし、内部から本質的なDX改革ができている企業はそこまで多くないのではないでしょうか。店舗や販促においてデジタルを駆使することだけがDXではありません。変化する顧客様の意識に向き合う為に、組織全体でDXを行う必要があるのではないでしょうか。
 今回は、企業全体で本格的なDX化を推進している株式会社カインズよりデジタル戦略本部長の池照 直樹氏、そしてイオンネットスーパーの立ち上げや、カメラのキタムラEC事業のオムニチャネル化を推進した経歴を持つ株式会社CaTラボ代表の逸見光次郎氏をお招きして、企業の本質的なDXへの取り組みについて対談形式で伺いたいと思います。

今回のスピーカーのご紹介

株式会社カインズ
デジタル戦略本部 本部長
池照 直樹氏

日本コカ・コーラ、日本オラクルを経てケイ・ピー・アイ・ファクトリーを設立。その後、マイクロソフトに入社し、Dynamics CRMの開発チームの一員として、新機能の企画やロールアウト、大型案件のプロジェクトサポートを行う。 エノテカにおいて最新のテクノロジーを利用したOne-to-Oneマーケティングを実践後、「IT小売企業」へのビジネスモデル変革を掲げる株式会社カインズに入社。デジタル戦略本部長として経営改革プロジェクトの先頭に立つ。

株式会社CaTラボ 代表
逸見 光次郎氏

70年生まれ。歴史学科卒業後、三省堂書店店舗勤務を経てイーショッピングブックス(現セブンネットショッピング)を立ち上げる。AmazonジャパンBooksMD、イオンネットスーパー事業立ち上げと全社デジタルビジネス戦略を担当した後、カメラのキタムラ執行役員EC事業部長としてオムニチャネル化を推進。独立後、ローソン、千趣会兼務を経てCaTラボ設立。小売流通、飲食、銀行、メーカー、ITベンダーにて企業利益と顧客満足を重視した全体最適のコンサルを行う。

プリズマティクス社アドバイザー、流通問題研究協会特別研究員、日本オムニチャネル協会理事、ピアリビング社取締役、EVOCデータマーケティング社取締役、デジタルシフトウェーブ社スペシャリストパートナー、資さんうどん通販課長 兼務

【実施概要】
日時 : 2021年2月25日(木)16:00~17:00(60分間)
実施方法 : ZOOM(ズーム)によるオンライン配信
参加申込・参加方法:会員メールマガジンおよびスラックにて別途お知らせいたします。
※アーカイブ配信は予定しておりません。
【プログラム】
16:00~16:05 開会のご挨拶 <アパレルウェブ 代表取締役CEO 千金楽 健司>
16:05~16:15 株式会社カインズ 事業紹介(10分間)
16:15~16:50 対談(35分間)<株式会社カインズ 池照 直樹氏 × 株式会社CaTラボ 逸見 光次郎氏>
16:50~17:00 質疑応答(10分間)
17:00     閉会のご挨拶
※進行状況や質疑応答の状況により、終了時刻が延長となる可能性がございます。ご了承ください。
【お問合せ】
アパレルウェブ・イノベーション・ラボ運営事務局
Tel 03-3662-4977(直通)
Mail:ail@apparel-web.com